クレジットカードの系列

クレジットカードは、系列別に見ると、大きく分けて4つに分けられます。
銀行系クレジットカードと信販系クレジットカード、流通系クレジットカードそしてメーカー系クレジットカード
これら4つの分類は、見てお分かりのように銀行、信販会社、流通系企業、メーカーという発行元によるものです。
例えば、三井住友カード、JCB、DCカードなどは銀行系カードで、オリコカードやジャックスは信販系カード、伊勢丹やタカシマヤカードは流通系、JALカードやトヨタカードはメーカー系に属しています。
この4つの系列の基本的な特徴は、銀行系カードは銀行という大きなバックを持ち、発行枚数がもっとも多いことです。
信販系カードは、割賦販売を得意とする信販会社を母体とするだけあって、分割払い、リボルビング払いと支払いの多様性があるとともに、提携カードをたくさん発行しています。
流通系カードは、スーパーやデパートなどが自前のチェーン店を使って、
割引やポイントなどの特典を付けて多様なサービスを展開しています。
一方、メーカー系カードは、個々の会社の独自性に沿ったサービス内容を打ち出しており、
特定の商品、サービスで大きな還元を受けることができるという特徴があります。
なかでも最近電子マネーには注目が集まっていて、
セブンイレブンで使えるナナコにチャージできるカードは重宝します。
ナナコにクレジットカードでチャージできるものはポイントが二重取りできるので、
非常に便利でお得ですから、頻繁にコンビニのセブンイレブン利用する方はカード選びの際に抑えておきたいですね。